• お問合せ・申し込みはこちら
  • 資料請求はこちら
  • お気軽にお問い合わせください 電話番号:088-855-7502
MENU

介護福祉士実務者研修 通信科(一般公募)/求職者訓練

 

国家資格・介護福祉士へのキャリアパスに必須の技術を学ぶ、介護の現場に求められている注目の資格です。

  • 介護福祉士を目指す人にとって
    必須の資格となります。

    「社会福祉士および介護福祉士法」の改訂によって、平成28年度から実務経験ルートでの介護福祉士国家試験の受験には、実務経験3年のほかに 「実務者研修450時間」を修了することが必須となりました。
    実務者研修は受験年度の12月末日までに修了していなければならないため、早めに受講を開始することをお勧めいたします。

  • 座学は通信(ウェブ)学習で履修
    可能な資格です。

    少子高齢化が進む我が国において、介護職員の技術の向上とスムーズな現場への配置は急務です。 そのような背景もあって、介護福祉士実務者研修は、全20科目中18科目を通信(ウェブ)学習で履修できるように構成されています。
    働きながら学習を進められ、介護・福祉業界でのキャリアアップを目指せる資格であるといえます。

  • 無資格の人でも
    受講することができます。

    実務者研修は、初任者研修を経ずに受講することが可能です。一方で、初任者研修や、ホームヘルパー等の関連資格を取得されている方には、受講科目が免除される制度が適用されます。

資格取得までの順序

就職やキャリアアップに有利な介護福祉士実務者研修

  • 魅力1 医学的知識・技能の習得が可能
  • 魅力2 サービス提供責任者として扱われる
  • 魅力3 資格所有者は科目免除が受けられる

介護現場で求められる人材に!

  • 介護技術の習得と医学的な知識・技術の習得ができる。

    介護現場で中心的役割を担う人材に

    実務者研修では、初任者研修(130時間の研修)と実務者研修(450時間・医療的ケア)の研修期間を比較しても分かるように、非常に多くの事を学ぶことができます。
    実務者研修は、キャリアアップ、スキルアップを望む方はぜひ受講すべき講座です。


    介護福祉士受験のための重要な研修

    実務者研修は、国家資格の介護福祉士を受験するための研修として位置付けられています。
    実務者研修の介護過程Ⅲ(スクーリング)は介護技術の修得度を評価するものとなり、国家試験の実技試験にあたるものと言えます。


  • サービス提供責任者の要件を満たすため、就職やキャリアアップに有利

    介護現場に求められる資格を得られる

    訪問介護事業所では、サービス提供責任者を配置しなければなりません。
    しかし、その人材が不足しているのが現状です。
    サービス提供責任者の要件は、実務者研修修了者、介護基礎研修修了者、介護福祉士でなければなりません。


  • 資格保有者は、科目免除が受けられるため、
    より短期に取得可能

    お持ちの資格によって履修時間数が異なります

    介護職員基礎研修

    71時間(50+21)

    ホームヘルパー1級

    116時間(95+21)

    ホームヘルパー2級
    初任者研修

    341時間(320+21)

    無資格者471時間(450+21)

    スクーリングは、介護過程Ⅲ45時間と医療的ケア演習21時間となります。

    終了までに要する時間

    当校の実務者研修の魅力
  • 無料説明会

受講のお申し込み

随時受け付けておりますので、お電話または、下記メールフォームにてお気軽にご連 絡下さい。お問い合わせや資料請求も受け付けております。

  • 電話番号:088-855-7502 受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)
  • お問い合わせ・申込はこちら
  • 資料請求はこちら
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 教育訓練給付金
  • 母子家庭/父子家庭給付金
  • 高知校ブログ
  • よくある質問

ページ先頭へ